学資保険によって医療費と学費の両方を支払うことができた

学資保険で医療費と学費をまかなう

教壇に立つときも学費不足が気になり、強い強迫観念にかられた。

 

沖縄県の那覇市に住む沖さんは、中学の国語の教師として多忙な生活を送っています。

 

毎朝、6時に起きて7時には登校して、授業の準備や小テストの問題作りなどをしています。

 

担任として生徒の動向に気をつけるなど、風通しの良い学級運営をするのも大切な仕事です。

 

国語かの主任でもあるので、定期的に勉強会を開くなどして、よりよい学習指導ができるように工夫もしています。

 

つねにさまざまな仕事に追われている沖さんですが、遅くとも20時までには帰宅することを心がけているそうです。

 

しかし、ほぼ毎日のように仕事を持ち帰って、深夜までテストの採点などを行っているようです。

 

若い頃から空手を習っていて、いまでも週に1度は同情で稽古をしています。

 

運動が習慣になっているおかげで、体が丈夫でめったに風邪すらひかないほどです。

 

そう話す沖さんは、2010年に受けた健康診断で「再検査」という結果が出たとき、すぐには信じられない気持ちだったそうです。

 

毎日10本以上煙草を吸っているので、肺がんが疑われるのかと思いました。

 

総合病院で再検査を受けたら内臓にしこりが見つかって治療費がかさみ、結果的に孫への学費が不足していると言われたのです。

 

別のファイナンシャルプランナーさんには子供の学費不足だとも診断されました。

 

前立腺特異抗原の数値は12.0でした。医療費がかさむのは仕方のないことです。

 

たしかに、50歳を過ぎた頃から教育資金の心配が出てきたという沖さん。

 

休みの時間の度にファイナンシャルプランナーへ教育費の相談にいっていたということ。

 

生活費に回す余裕が無く、涙をこらえながら授業をしたこともあったそうです。

 

孫の学費不足が頭をよぎりつつも、定期的に通院をして病気の経過観察をしていて、甲状腺肥大症は薬による治療が行われました。

 

医師の指示通りに薬を飲んでいたのですが、トイレにいった回数はなかなか減りませんでした。

 

授業中に尿意に教われるかもしれないという強迫観念にかられるようになったんです。

 

1ヶ月でトイレが激減、3ヶ月で数値も改善して仕事も充実。

 

不安を感じていた沖さんに学資保険を進めてくれたのは母でした。

 

孫の学費不足の疑いがあるとわかったときにはショックでした。

 

そんなときは、孫への学資保険の贈与です。

 

重要なのは、「学資保険の比較ランキングとは」という疑問を考えることなのです。

 

自分の境遇を受け入れようと思いましたが、母はなんとかわたしの症状を改善したいと思っていたようで、孫や子供の学費不足に効果があるものを探していたようです。

 

孫の学費の保険である学資保険を比較したランキングはこちら